0797-88-1177

診療時間 9:00~13:00 / 15:00~19:30

予防歯科

歯を治すための治療だけでなく、守るための治療を

なぜ予防をしなければいけないのか?

最近では予防歯科という概念が日本でも浸透してきています。しかし依然として歯科医院に行くのは歯や歯ぐきに症状が出てから、中には痛みがあっても我慢して、来院を先延ばしにされる方も少なくありません。

スウェーデンやアメリカといった歯科先進国において、歯科医院への受診動機は治療を目的とした受診ではなく、検診を目的とした受診が大部分を占めます。

歯科治療は早期発見、早期治療が基本です。早めに虫歯や歯周病を発見し適切に対処をすることで治療を最小限に抑え、治療にかかる時間や費用を大幅に軽減し、歯の健康を長期的に維持することにつながるのです。

直近一年間の歯科医での健康受診回数

70才の残存歯数の違い

※厚生労働省:平成17年度歯科疾患実態調査, 2005(無歯顎者を除く)

※こちらの表は株式会社LIONホームページから引用しています。

残存歯数を見ると、日本も歯の寿命はかなり延びてはきていますが、依然として歯科先進国と差はあります。歯科先進国との差は、上記の図のように検診を目的とした歯科の受診やオーラルケアといった、予防に対する意識に差があるということがわかります。

長年にわたりしっかりと自分の歯で食事を行い、健康を維持していくためには、こうした予防を中心とした歯科治療にシフトしていくことが大切です。

なかたにスマイル歯科医院での予防メニュー

予防歯科はご自身での日々のセルフケアも重要ですが、ご自身では取り除くことができない歯石の除去やバイオフィルムの除去、歯周ポケットの洗浄などに関しては、歯科医師、歯科衛生士によるプロフェッショナルケアが必要です。

口腔内チェック

歯科医師および歯科衛生士が歯周組織の状態を診査いたします。歯周ポケットの検査、出血や膿が出ていないかを確認します。同時にプラークの付着状況や歯の動揺度も検査させて頂き、虫歯や歯周病のリスクをチェックします。

プラークの染め出し

プラークの染め出し液を使って、ブラッシングでの磨き残しをチェックします。どこにプラークが残っているかを視覚的に把握できるため、患者様ご自身でブラッシングのクセを自覚して頂きやすくなります。

ブラッシング指導

染め出しの結果をもとに、患者様に適したブラッシング方法を提案させて頂きます。あわせて歯間ブラシやデンタルフロスの使い方も、予防のプロフェッショナルである歯科衛生士が丁寧に指導させて頂きます。

スケーリング

専用の器具を用いて、普段のブラッシングでは落としきれない、歯面に沈着したプラークや歯石を除去します。

PMTC

PMTCとはProfessional Mechanical Tooth Creaningの略で、専用の器具を用いて行う歯のクリーニングです。その大きな目的は、様々な病気の温床となるバイオフィルムを除去することにあり、虫歯や歯周病の予防に大きな効果があります。

エアフロー

グリシン(アミノ酸)のパウダーを歯面に吹き付けて汚れを落とす機械です。歯肉縁上、縁下のバイオフィルム、ステイン、早期歯石を快適かつ効率的に除去することができます。

この機械の利点は、歯の摩耗性を最大限抑え、歯面を傷つけることなく歯面清掃できる点にあります。

また歯周ポケット内部の感染源の除去や器具の届かない部分のクリーニング、またアミノ酸による歯肉の血行促進が期待できるなど、従来のクリーニングではできないワンランク上のクリーニングが可能です。

フッ素塗布

歯質を強化するフッ素を歯の表面に塗布します。フッ素には歯の再石灰化を促進させる働きもあるので、虫歯の予防には最適の処置であると言えます。ごく初期の虫歯であればフッ素塗布で治癒することもあります。

セルフケアのサポート

当院ではセルフケアで使用する歯ブラシや歯磨剤に関して、それぞれの患者様のケースに合わせた、また実際に使ってみてお勧めできるグッズを取り揃えております。些細なことでも歯科衛生士にご相談ください。

阪急宝塚線「梅田」駅から「山本」駅へ約26分、「神戸三宮」駅から約36分
阪急宝塚線「山本」駅から阪急バス「宝塚山手台中央」停留所へ約4分※乗り換え、待ち時間含まず

ご予約はこちらから 0797-88-1177

© nakatanisumairu dental clinic All Rights Reserved.